2012年08月29日

お父ちゃんとジズモ・・・


この子のお名前は[ジズモ]一昨年の12月にお星様に・・・・亡くなる一年前より犬友のTOMOKOさんのお宅へ。
TOMOKOさんのお宅に来る前のジズモは大阪西成地区のホームレスのお父ちゃんと一緒に5〜6年生活していたのだという。お父ちゃんは捨てられたジズモを我が子のように一生懸命に育てていたという。
お父ちゃんには住む家も無く仕事も無い・・・・稼ぎといえばダンボールを集めたり空き缶を拾ったりして生計を立てていたという。それらを集めても一回500円になるかならないかの生活。
寝る場所はお父ちゃん手作りダンボールハウス。
一つのお弁当をお父ちゃんとジズモは半分ずつ分け合って食べる日々。それでもお父ちゃんはジズモと片時も離れずいつも一緒に・・・・
そんなお父ちゃんが体調を崩し入院しなくてはいけなくなった。お父ちゃんの心配はジズモもこと。
ボランティアの人にジズモを託す事となりお父ちゃんとジズモは離れ離れに・・・
ジズモとお別れの日、お父ちゃんは駅のトイレでジズモを綺麗に洗ってやったのだという。ジズモが幸せになれるようにと願いと祈りを込めながら・・・・お父ちゃんがジズモにしてやれる精一杯の事だったのだろう。
お父ちゃんはジズモを手渡す時に何度も幸せになれよと声をかけたのだと。
そしてジズモはTOMOKOさんの家へ・・・・
TOMOKOさんは言う。ジズモはいつでもお父ちゃんを待っていた。と・・・・・
そうなんだろう。お父ちゃんが迎えに来てくれることを待っていたんだろう・・・
ただ、お父ちゃんはジズモをお迎えに来る事なく天国へと旅立ってしまった。
それから1年後にジズモも大好きなお父ちゃんの元へ後を追うように旅立っていった。
お父ちゃんとジズモ・・・・世間から捨てられたか世間を捨てたかの人間と人間から捨てられた犬。何もなくても本当の愛情がお父ちゃんとジズモの間にはあったに違いない。強く強く結ばれていたに違いない。
この話をTOMOKOさんから聞いた私は胸がギュッと・・・ギューっと締め付けられる思いだった。
お父ちゃんと過ごした時間、ジズモは幸せだったに違いない。もちろん、お父ちゃんも・・・・
私がよく里親さんたちに言う事。この子達が欲しいのは高いフードでもなければおやつでもなく愛情です。と
ジズモはいっぱいの愛情をお父ちゃんにもらっていた。
そして、お父ちゃんと別れて心にまた傷を持ってしまったジズモを1年間、たっぷり愛情をかけてお世話し見送ったTOMOKOさんにも愛されて旅立ったジズモは絶対に幸せな犬生だったと思いたい。
今頃ジズモは大好きなお父ちゃんと、お空の上でまた一つのお弁当分け合って食べているのかな・・・・
posted by mayun at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

イライラなのかチクチクなのか・・・

残暑厳しい・・・厳しすぎ・・・
ヒマワリがお日様、大好きよ〜ってな顔で元気いっぱいに咲いている姿が眩し過ぎるこの頃。

暑さにイライラする毎日なのに余計に気持ちをイライラさせるような事もあるもんだ。
昨日、里親募集中の仔猫の女のこ[たまご]ちゃん里親希望者が来た。私と同年代ほどの人。ある程度の条件は電話では伝えたはずだが・・・・
まず、避妊をしないで外飼いしたいと・・・・言った!言いやがった!避妊拒否の理由はお金がかかるから。外飼いの理由は家の中を汚されるから・・・
何て驚く事を言うのでしょうか?この人は・・・と私の顔は急に無愛想顔になるのは当然。
メス猫を避妊もせず外飼いするなんて考えただけでも恐ろしい事。それを言ってのける人間も恐ろしい事。
何故、避妊が必要なのかをまるで子供に教えるように無愛想顔で説明はしたが・・・・
それに、犬や猫と共に生活をするというのはお金のかかる事だという事も更に無愛想顔で・・・・
もちろん、お断りした。ただ、良かった事はその人が正直に言ってくれた事。未然に防げた事が良かったが、他で里親募集している子を引き取り手術もしないんじゃないかと不安・・・・
あ〜猫神さま、あの人が考え方を変えてくれるか里親になんかなりませんように・・・・

保護仔猫のあとの2匹は1匹の子は先日、逢いに来てもらったが体調を壊していて少し様子を見ていたがだんだん回復してきているので今週中に里親さんの元へ・・・
日曜日の夕方、近所のおばあが血相かいて我が家へ・・・おばあが畑に居たら一台の車が通りかかって車の窓から猫が投げ捨てられたと。おばあは慌てて車のナンバーを見ようと思ったが猛スピードで立ち去ってしまったと。猫が投げ捨てられたのは我が家と隣の家の真ん中くらいだというのですぐに猫を探したものの見つからず。猫を車から投げ捨てる?何て恐ろしい事をするんだ?人間ってやつは・・・・
全く理解不能・・・・
それから猫を探してはいるが見つからない・・・・
こんなに恐ろしい事が実際に起きてる。こんなに卑劣な事を人間は平気でする。
いつでも犠牲は小さな命だという事。こんな事、ここだけか?いや、日本全部で起きている事。
私の中ではどこそこの島が日本の領土だと訴える事よりも犬や猫だって一つの小さな命なんだって事を訴える方が正直、大切だ。
イライラするというより心がチクチクする・・・・
posted by mayun at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

暑いね・・・

涼しげなシースルーの羽を持ったトンボを羨ましく汗ダクで見つめる。

おい!トンボ!お前は夏バテなしかい?
それにしても口を開けば[暑い〜暑すぎる〜!]しか出ない。夏なんだから言ってみても仕方ないとはわかっていても毎年同じ事を繰り返す。

先日から我が家に居る保護犬[はち]はやはり飼い主さんからの連絡はないまま・・・・
[はち]はこの頃、かなりストレスがたまってしまっているようだ。我が家の子達を襲うようになってしまい度々、興奮して庭の柵を破壊して脱走する。お家に帰りたいんだろう・・・・
バンビやきのこ、バディに怪我をさせてしまったりで病院の先生に相談したところ安定剤のお薬を勧められたた。正直、お薬なんかを飲ませる事に抵抗があるので今はまだ何とか様子を見ている。
きっと、これまで自由にお外で飼われていたんだろう。ただ、この暑さと日陰のない我が家の庭。[はち]は室内に居る。それが[はち]にはストレスで大勢の他のワンコとの生活も大きなストレスになっているに違いない。[はち]・・・帰りたいよね〜本当のお家に・・・我慢させて本当にごめんね。[はち]の飼い主さんは今、何を思っているんだろう?[はち]を思ってくれていないのかな?

今は[はち]のストレスを少しでも和らげてあげれたらと、他のワンコとは別に庭に出し一緒に遊んで[はち]だけでの散歩。

[はち]を見ていると悲しくなって仕方ない・・・

先日、パピーミルより保護してきたキャバリア[オリンダ]は2週間ほどは部屋の隅でグルグルと円を描くように回っていたが最近はようやくグルグルしなくなりオヤツの時も我が家のキャバリアたちの輪に入ってくるようになった。まだまだ楽しい表情のオリンダには出会えてはいないが、名前を呼べば尻尾を振ってこちらを見つめ返す事をするようになってきた。キャバリアの本来持つ明るさをオリンダは自分でもまだ気がついていないのだろう。楽しい事も何も知らずに9年間、ただ繁殖だけをさせられてきたわけだから・・・

いつかオリンダの笑顔に出会えますように・・・・
我が家のキャバリアたちは相変わらず・・・・エアコン24時間フル回転とはいえ暑いのかよく放心状態で・・・



[ありがとうございました]
前回のブログに中古のタオルなどのご協力をお願いさせて頂いたところ、ブログを読んでくださった方からご連絡頂きタオルやシーツなど送って頂きました。
助かります。
★宝塚市Iさまご協力心より感謝致します。ありがとうございました。

★千葉県Oさま、いつもいつもシートなど送ってくださりありがとうございます。いつも温かいメッセージも添えてくださり励まされます。

★ジンジャーママさん、フードを送ってくださりありがとうございました。いつも元気とパワーをもらっているだけでも有難いのにありがとうございます。

温かいご協力に心より感謝致します。ありがとうございました・・・・・
posted by mayun at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。